にほんブログ村

放送局名:Radio Hargeisa
放送主体国:ソマリア
受信年月日:2009年6月13日

内戦が続き、無政府状態にあるソマリアからの放送を受信したのは、2009年のことです。日本の自衛隊も海賊対策として、この国の海域に派遣されたというのは有名な話ですが、北部地域は比較的治安が良く、ソマリランドとして独立を宣言していますが、未だ国際社会の承認は得られてません。
私が受信したのは深夜0時、7145Khz、ログにはSINPO25342、トーク番組、使用言語は不明と記録されています。電波は弱かったものの、それ以外は総じて受信状態は良好だったと言えます。内戦状態だったため郵便事情は最悪で、返信は絶望的な状態でした(そもそも郵便が届かないのでは?)。ところがドイツに代表事務所があり、そこがQSLの代理発行をしていることを知り、ドイツに送ってみました。使用言語がわからないため、miniCDとIRC1枚を添えて送ったところ88日後に返信が来たのです。データの記載もあり、ソマリランドのスタンプも押してある完全ベリカードです(ただし7122の周波数が手書きで7145に訂正されてました(笑)。
RHageisya171202

RHageisya171202u

RHageisya171202H
不思議なことですが返信はソマリランドでもなく、ドイツでもなく、南西アフリカの国、ナミビアからです。ナミビアの切手も貼ってあります。ドイツから転送されたと思われますが、ナミビアが第一次世界大戦終了までドイツの植民地であったということと関係あるのでしょうか?